入院してた時のこと

昨日はぐっすりお昼寝大作戦してしまったせいか夜寝られず午前2時ころまで起きていた。そのせいで今日は眠い。

二度寝したとき、嫌な夢を見た。

ある日、大学の同期と次の日の早朝に待ち合わせをした。オレはそのことをすっかり忘れて翌朝ゆっくり起床。そしたら留守電(なぜか固定電話の)に同期の
「おい、てめぇ、なにやってんだよ!」
と怒鳴り声。あぁ、やっちまったよ・・・オレっていっつもこうだよ╮(╯-╰")╭。その後、その同期は二度と口をきいてくれなくなってしまった。

もちろんこれは実話ではないのだけど、オレならやりかねないことなのよね。大事なことを平気で忘れる。普通の企業に勤めていた時も大事なことはノートにメモしていたのだけど、メモするだけで安心してその仕事をすることを忘れてしまう。それで何度叱られたことか。

あと、これは夢ではなくて急に思い出したことなのだけど・・・28歳くらいの時、うつ病で精神科病棟に入院した。

オレはその頃うつ病で会社を休職中。症状が長引いてなかなか改善されないということで入院した。ただ、どんなに長くても3か月間だけ、という条件付きで。入院してその理由がわかった。

居心地がいいのだ。
あんまり長くそこにいると、退院した後逆につらくなっちゃって、また入院させてもらいたい気持になっちゃう。

精神科病棟に入院中の患者の多くはうつ病患者だった。だからみんなで症状改善のために一緒になって行動してた。朝起きて夜寝る、そういう当たり前の生活リズムを作るとか午後には近くの公園にみんなで出かけて、運動療法としてお日様を浴びながら散歩して・・・。タバコを吸いに行くのも一緒だった(その頃病院には喫煙室があってそこだけは喫煙が認められていた)('A`)y-~

20代後半の男性は日中、生活リズムを取り戻すために必死になって眠気をこらえて起きてた。そして彼は少し遅れて入院してきた30代前半の女性に気があるらしかった。

高校3年生の女の子。彼女は拒食症(摂食障害)で入院中だった。かわいそうなほど胸が小さかった。生理はもう止まっているんだとか。ん、なんでそんなこと知ってるかって?この子はオレになついてくれて、病気のこととか彼氏さんのこととかいろいろ話してくれたのよ。オレに話すことで安心してたみたい。彼女は今頃どうしているんだろうか。

彼女と彼氏さんは二人とも卒業間近で別々の大学に進学予定。彼氏さんの進路は早稲田の教育学部教育心理学科に決まってた。奇遇にもその年に同じ学科に、広末涼子も同じ学科に入学予定とかで、テレビの情報番組では早稲田の男の子たちが大喜びでインタビューに応えていた。高校3年生の彼女は、
「安善さん、一芸入試ってズルくないですかぁ( ̄、 ̄)チェ~」
あの頃は(今もあるのかな?)一芸入試なるものがあって、広末は芸能活動の実績が認められて早稲田入学が許可されたのよね。彼氏さんを取られるかもって焦りがあったのかな、本気で入試制度に怒ってる感じだった。

一番印象に残ってるのは25歳の男の子。多分、統合失調症なんだと思う。で、人工透析も受けているんだって。統合失調症は自覚はない病気なんだけど、苦しい物だと思う。都市銀行に勤めてるというお父さんが毎日お見舞いに・・・というかお世話しに来ていた。男の子は車イス生活だった。お父さんの話によると中学三年生までごくごく普通で、なのに急に統合失調症を発症したんだそうな。

彼はなぜかオレになついてくれた。いつも隣り合ってご飯を食べてた。

ある時、彼は先にご飯食べ終わって(食べるの早いんだこれが)オレが彼のお父さんとおしゃべりしながら食べてるのを横から(ㅎωㅎ*)ジーッと見てる。なんだ?と思ったその瞬間、恐ろしい勢いでオレのトレーの果物を素手でŧ<"ŧ<"(๑´ㅂ`๑)ŧ<"ŧ<"。お父さんは慌てて止めようとしたんだけど彼の心の火は消火できなかった。

で、彼の武勇伝なのだけど・・・精神科病棟はすんげー若くてきゃわいい看護婦ちゃんばかりだった。多分、総合病院だったから専門学校や大学を出たばかりの看護婦ちゃんが多いんだと思う。で、オレの一番のお気に入りの看護婦ちゃん(23歳)にこういう話を聞かされた。
「安善さーん、あの人私に『ねぇ、やらせて( ̄人 ̄) オ・ネ・ガ・イ♪』なんていうのよぉ。何とか言ってよぉ~~~(๑´•ω•`๑)」
おいおいおーい、男の子、こんなかわい子ちゃん相手に大した勇気だわ(*`▽´*)ウヒョヒョヒョヒョ~。オレはそのことを彼に確認したのだけど・・・彼は決して杭を縦に振ろうとしなかったよ( ¯¯ํ¯௰¯¯ํ¯ )

彼はオレより先に退院していった。退院する際にオレに手紙を書いていってくれた。住所が書いてあって
「安善の兄さん、手紙くださいね」
と書いてあったけど、オレは手紙は書いてない。

彼だけじゃなく病院で知り合った人とは退院した後に連絡とりあうってことしたくないのよ。急に体を壊して・・・なんて聞きたくないでしょ。

ここで緊急ニュースです。たった今ぬこの助がカリメート顆粒を飲んで吐いてしまった模様です。ぬこの助は
「だから粉薬は飲みたくないんだよぉ(╥╯θ╰╥)シクシク」
と、泣きながら床を拭いているということです。以上、事件現場から中継でした。





下のバナー1日1回クリックで応援くださいまし≦(._.)≧ ペコ↓
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ


裏メニュー 政治、社会、マスコミ等、シビアな問題はこちら。苦手な方はスルーしてくだされよ。

「猫いらずの言いたい放題」
↑ジャイアントロボをクリック
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そっかぁーo(^_^)o
ヌコさんは、いろんな人から、話しやすい人なのかも(^_^)
私は、透析はしてないけど、猫ちゃんは、めっちゃ好きだよ!
また、ここに遊びに来るね(o^^o)

Re

ニャンコママさん、こんにちは。
いえ、普段は全然そんなことないんですよ。現に今は電話でお話したり外であったりする知人、友達が0人なのです(←これホント)。ただ、精神科病棟に入院してた時は同じうつ病患者が多かったので結構仲間意識が強くて・・・すぐに打ち解けちゃいました。
ネコちゃん、たまらんですよね。暇で暇でたまらない時でも、ネコちゃんが横にいてくれれば大丈夫!一緒に⊂⌒っ´∀`)っマターリとすごすだけですね。

私は、腹割って話せる友達は、2人しかいないかな!
ヌコさんは、趣味ってある?
私は、バイク!女の子が、バイク乗ってたら、かっこいいかなって思って、免許
取ったよ(o^^o)
神戸に住んでるんだけど、和歌山にツーリング行ったり、淡路島にツーリング行ったり、結構バイクで走るの好き!

Re

ニャンコママさん、こんにちにゃ(o˘◡˘o)
ふたりでも親友がいるなんてスゴいですよ。いるかいないか・・・大きいと思いますよ。
ぬこさんはですね、趣味はあきれるほど多いですよ。写真を撮るとか鉄道とかクルマとか。でも、勉強しようとしないのでぜーんぜん詳しくないのです(* ̄m ̄)プσ。バイクいいですねぇ、たまにツーリングに出かけると気分いいんでしょうね。毎週末に山とか海とかに出かけておいしいもの食べて( ̄。 ̄)ボ~~~として帰ってこられたらサイコーなんですけどねぇ。それにしても神戸から和歌山まで出かけちゃうってすごくないですか?Σ(`0´*)ヌォ!!。和歌山といえば先日亡くなったたま駅長。ニャンコママさんはお会いしたことありますか?私は一度でいいからお会いしたかったですよ。
会津鉄道の芦ノ牧温泉駅のバス駅長にはこの間ご挨拶してきたんですけど・・・
今はもっぱら親父さんにクルマに乗せてもらってあちこち連れて行ってもらっています。
★人気ブログランキング★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします((○┓ペコリィ>
闘病記ランキングへ
プロフィール

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR