「精神保健指定医」の資格を不正に取得ってマジ?

先日、東京都内のある老人向けの施設で入所するご老人たちをベッドに拘束したという問題が発覚した。でも、入所者の拘束はある程度は仕方なかろうて。オレは施設に同情するよ。
だってさ、詳しい事情は分からんけど…入所者が勝手にフラフラ外に出て行って踏切に立ち行って列車に轢かれてしまったら…その施設にはご遺族側からはご老人を死なせたとしてその責任を追及される。鉄道会社からは列車を止めた、ダイヤを乱した責任を追及され賠償を求められる…入所施設は倒産…そしたら老人たちも職員も行き場を失っちゃう。人手が決定的に不足している介護の現場では、ある程度拘束することもアリにしないとやってられないだろ。

同じような理由でオレは精神疾患患者の人権を医師が正当な事由の下で制限することにも賛成する。自傷他害の恐れがあるというのなら仕方がないじゃないか。

ところが、こんな問題が起きてくると話はまったく別だ。

4月15日付けNHK NEWS WEBの記事を引用する。


『聖マリアンナ医大病院 20人の指定医取り消し』

重い精神障害がある患者の強制的な入院が必要かどうかなどを判定する専門の医師の指定が不正に取得されていたとして、厚生労働省は医師と上司に当たる指導医の合わせて20人の指定を取り消す処分を決めました。

川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院で、重い精神障害がある患者の強制的な入院が必要かどうかなどを判定する専門の医師の指定が不正に取得されていたとして、厚生労働省は医師と上司に当たる指導医の合わせて20人の指定を取り消す処分を決めました。

厚生労働省によりますと、11人の医師は、自分が診察していない患者のレポートを提出したり、他の医師が診察した患者の症例をコピーしたりして国の審査を受けていたということです。厚生労働省の調査に対し、11人の医師は「診断や治療に十分関わっていない症例をレポートにした」とか、「大学内でのカンファレンスで情報を共有した症例を使ってしまった。認識が甘かった」などと話し、不正を認めているということです。

厚生労働省は、医道審議会の答申を受けて、11人の医師と、指導や監督を怠ったとして不正を行った医師の上司に当たる指導医9人の合わせて20人について指定を取り消す処分を決めました。


引用ここまで。


精神保健指定医を騙る医師が他人を閉鎖病棟に入院させる権限があるわけがない。

聖マリアンナ医大のお医者さんたち、出鱈目やってるよねぇ。でも、どんだけ出鱈目やっても医師免許は剥奪されない。だから…日本は出鱈目やり放題パラダイス(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノシ
また、厚労省も
「想定を超えた事案で、決してあってはならないことだ。こうした倫理観に欠けた行為が行われないよう対策を取っていきたい」
などと他人事のように言うのだがいい加減日本医師会との癒着を断ち切って、医師に厳しい態度で厚労行政を行っていくべきだ。折しも東京女子医科大学病院と群馬大学医学部付属病院の両院で特定機能病院の指定が取り消された。今の調子では医師の重大なコンプライアンス違反がこれからも続いていく。



「このブログ、面白いわぁ」もしくは「ためになるよぉ」と思った方は、
下のバナー1日1回ふたつともクリックして、応援くださいまし≦(._.)≧ ペコ↓
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ


裏メニュー 政治、社会、マスコミ等、シビアな問題はこちら。苦手な方はスルーしてくだされよ。

「猫いらずの言いたい放題」
↑ジャイアントロボをクリック
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR