日本卓球女子黄金世代

昨日から卓球の世界選手権が開催されている。まずは混合ダブルスで吉村・石川組、丹羽・平野組が好発進で日本代表はなかなかの滑り出し╭( ・ㅂ・)وグッ!!

1950年代から60年代にかけて日本は「卓球王国」と言われるほどに強くて世界選手権でメダルを稼ぎまくってた。しかし、70年代以降中国やヨーロッパに押されて長い間低迷する。

日本の国内ではあのタモリが「暗い」というそれだけで卓球を笑いものにした。その時代に卓球をやっていたものとして身に染みているのだが・・・そのダメージは計り知れなかった。

ところがそんな日本の卓球選手、特に女子のレベルが最近、やたらと上がっている。記憶に新しい3年前のロンドン五輪の団体戦銀メダル。あれはまぐれではなく、福原愛、石川佳純、平野早矢香・・・この三人が五輪の前に国際大会でポイントを稼ぎまくり、その結果決勝まで中国と当らないで済むという組合わせに恵まれた結果なのだ。

去年の世界卓球東京大会(団体戦)でも日本女子はエース福原をけがで欠いても銀メダルを獲得している。

マジで東京五輪での金メダルも夢ではないかもしれない所まで来ているのだ。

強くなった理由はみっつある…と思う。
①元中国代表選手で世界選手権シングルス団体元女王の小山ちれ(何智麗)が日本に帰化したしたこと。日本選手は彼女を目標に頑張った。彼女のおかげで男女とも帰化してプレーする中国人選手も中国人プロコーチも増えて、日本の卓球のレベルを引っ張り上げてくれた。

②愛ちゃん効果…”泣き虫愛ちゃん”が人々の関心を卓球に惹きつけてくれた。愛ちゃんを見て「自分の子にも卓球をやらせたい」と思う親が増えたのでは…と思う。テレビメディアがたくさん取り上げてくれて卓球のイメージが革命的に変わった。さらにこの時期日本卓球協会や卓球用品のメーカーも卓球台を青くしたりユニフォームを華やかにしたりイメージ改革に乗り出していた。

③文科省が本格的に各競技連盟・協会に強化予算をつけた。日本卓球協会は中国と同じように素質のある子供を小さい頃から集中的に強化した。今の”黄金世代”はこの中から生まれてきた。

で、日本女子選手の世界ランキングはどんなもんかと思って見てみると…

<15歳以下世界ランキング>
1位 平野美宇(ひらのみう 14歳)
2位 伊藤美誠(いとうみま 14歳)
3位 早田ひな(はやたひな 14歳)
9位 木原美悠(きはらみゆう 10歳)
17位 長崎美柚(ながさきみゆう 12歳) 

<18歳以下>
2位 平野美宇
3位 伊藤美誠
5位 佐藤瞳(さとうひとみ 17歳)
6位 加藤美優(かとうみゆう 16歳)
7位 早田ひな
10位 浜本由惟(はまもとゆい 16歳)
※ちなみに浜本選手はモデルさんでもあるんだってさ♡

<21歳以下>
7位 平野美宇
9位 伊藤美誠
13位 佐藤瞳
15位 前田美優(まえだみゆ 18歳)
17位 加藤美優

…と、日本の卓球の次代を担うゴールデンエイジの女の子たちはことごとく世界ランクの上位を占めている。
今回の世界卓球では平野美宇・伊藤美誠の”みうみまコンビ”ばかりが注目されているけれど、彼女たちと同じレベルにいる選手たちは国内にうじゃうじゃいるのだ。

ちなみに、本物の世界ランクの上位にいるのは女子では、
4位 石川佳純
11位 福原愛
16位 平野早矢香
23位 石垣優香

さらに男子は・・・
5位 水谷準
12位  丹羽孝希
23位 松平健太
24位 村松雄斗

よろしかったらテレ東の中継を見て日本代表を応援してくだされよ٩( ´◡` )



「このブログ、面白いわぁ」もしくは「ためになるよぉ」と思った方は、
下のバナー1日1回ふたつともクリックして、応援くださいまし≦(._.)≧ ペコ↓
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ


裏メニュー 政治、社会、マスコミ等、シビアな問題はこちら。苦手な方はスルーしてくだされよ。

「猫いらずの言いたい放題」
↑ジャイアントロボをクリック
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR