ぬこ之助、励ましのコメントに思う。

匿名のコメントを頂いた。
それを読ませていただいていて、思い出したコトがある。

東日本大震災のちょうど半年後の平成23年(2011年)9月、オレは最初の高カリウム血症による心肺停止で緊急搬送されそのままICUに入った。そういえばそのICUには、幻覚幻聴、そしておかしな思考でヘンな事ばかり言ってたオレに対しものすごく優しく接してくれた若い看護婦ちゃんがいたっけなぁ。

話が逸れた。

回復したオレは普通の病室へ移動。当初、鼻から入れられた管を通じて栄養を摂っていたのだけれど、その後は紙パックのコーヒー飲料のような味のする(看護婦さんによるとコーヒーは一切入ってないとのコト)飲み物を飲んで栄養を摂取していた。オレがごくごくと音を立てて飲んでいるとき、同室のジィさんは、

「そんなにごくごく飲んでいいのか!、おい、いいのか!!o(`ω´ )o」

と怒ってそう言った。ものすごく不味い飲み物だからオレはなんとか頑張って飲んでるというのに、そのジィさんはいつも怒ってそう言てた。でも、どうも痴呆というかそんな感じだったから文句を言っても仕方がない。ある時そのジィさんの家族の方々が病室を訪れ、先生や看護婦さんと何やら話し込んでいた。オレはリハビリに行った。リハビリから病室に戻ってくるとジィさんの姿は無かった。同室のもう一人のオヤジさんは、

「あのジィさん、最後の最後に送られる病院に連れられて行ったんだわ」

「最後の最後に送られる病院」というものが具体的にどういうものなのか、オレにはわからないけれど...でも勝手なイメージで申し訳ないけれど、時々介護施設で職員によって入所者が暴行死するという痛ましいニュースを思い出してしまった。

ご老人が入所する施設って日本中に数多くあるだろうけど、そういう事件が極まれにしか起こらないというコトを考えると、ほとんどの施設は真面目に、丁寧にお仕事してくださっているのだと思う。
Twitterのフォロワーさんの中にも実は介護職の方がおられるのだが、すごく誠実で優しい方だ。

自分の身の回りのコトもできないオレは、両親になにかあったりしたら若干40代で高齢者向けの施設に入所するコトになるのだろうか。
っつーか、先立つものがないのだがそれでも入れるものなのだろうか(o¬ω¬o)??

いただいたコメントのむすびには、
「なんとかぎりぎりまでふんばってください…!」
とあった。
Twitterでも、しょっちゅう愚痴をこぼすオレに対し励ましのお言葉を頂いているけれど、有難いと思うと同時に、ご心配をおかけしてものすごく申し訳ないとも思うぬこ之助なのであった。




下のバナー1日1回ふたつともクリックして、応援くださいまし≦(._.)≧ ペコ↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR