①医療過誤では医師免許は剥奪されない...その1

<関連記事>
「②医療過誤では医師免許は剥奪されない...その2」

病院のお世話になっている者として気になる出来事が相次いで起きているいる。

千葉市にある千葉県がんセンターで、5月7日までに、同センターの消化器外科で2008年から14年の手術で計9例の死亡事故があったコトが発覚した。そのうち、同科のある医師による執刀が7例で、別の医師が2例だった。いずれも危険性が大きく、保険も適用されない腹腔鏡手術によるものだった。
遺族はがんセンター側に検証と説明を求めている。

週刊朝日の記事からは、自分たちのスクープをドヤ顔で伝えるような雰囲気はありありと伝わってくるのだが、
肝心の手術の中身のコトがなかなか読み取れないので、(-_-#)イライラ

また、平成26年6月6日には東京女子医科大学の医学部長らが、東京女子医科大学病院の医療過誤を内部告発するという異例の形で、今年2月、幼児が手術中に通常の2.5倍の麻酔薬「プロポフォール」を投与され死亡する医療事故が起きたと暴露した。

それに先立って、ご遺族が病院を刑事告発し、その後代理人とともに記者会見までするという勇気ある行動をとった、既に警察もプロポフォール投与が死亡の原因になったとみて、捜査を進めているのだという。ちなみに大学病院側が警察に届け出たのは、ご遺体が荼毘に付された後で、これでは警察に司法解剖されないようにして証拠隠滅を図ったとも受け取れなくもない。

これに対し、大学病院側と学校法人の理事長側は「医学部が勝手に会見をやった。私的な会見だ」と反発。また遺族もこのような会見が行われるとは承知していなかったと、いろんな立場の人が入り乱れて場外乱闘を繰り広げている。

今回の会見について、テレ朝「モーニングバード」に出演した弁護士は
「遺族が警察に告発したことでお尻に火がついて、会見せざるを得なくなったんでしょう」
と推測してみせる。STAP細胞論文騒動の時の神奈川大学の若山教授のように、「一抜けたっ!」をして、小保方さんに論文の取り下げを呼びかけたとマスコミの前で宣言すれば、マスコミ世論においては若山教授の責任が問われるコトはないから、その若山教授と同じように、東京女子医科大学の医学部長らもいち早く記者会見を開き、自分たちに過失はないとアピールしたかったのだろうか。

...っつーか、ご遺族がそこまでする前に、大学病院も大学も学校法人も何とかしろよ٩(๑`^´๑)۶ボケェ&カスゥ...と思うが。訴えられてから動くなんて不誠実すぎるし、失礼すぎる。「一抜けた!」をして、さも正義の味方のような顔をしてマスコミを味方につける医学部長もなんていうのも不誠実だ。

ある医療ジャーナリストによると、東京女子医大は女性医育成機関であるため、産休で辞めるなどする医師が多く、そのため外部の男性医師を招へいすることが多くなる。そのせいで全体の統率がとれないところがあるのだという。
統率が取れないからこそ事故が起きたのだろうか。
統率が取れないからこそ、このような仲間割れ、派閥争いが起きるのだろうか。


...その2へ続く




この記事を読んで「良かった(≧∇≦)b!」と思う者は、
下のバナーをふたつともポチるべし!ポチるべし!ポチるべしっ!!↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR