PC遠隔操作事件についての言論に思うコト

PC遠隔操作事件の片山祐輔容疑者は、代理人弁護士に対し、
「自分はサイコパスだ」
と言っているとのコトだが、サイコパス自身が自分がそうであると自覚できるなんて
大した内省力の持ち主だ

そこまで冷徹な理性の持ち主なら、保釈期間中に監視がついていることに考えが及ばずに、
自作自演メールを送信したスマホを河川敷に埋めるなどといった軽率なコトはしなかっただろう。

要するに代理人が
「あなたはサイコパスだっていうコトにしておこうよ、ね(*・ω・)ノテイアンシマス」
と片山に言ったんだろ。

だから、警察検察の取り調べを可視化すると同時に、刑事被疑者の弁護士との接見も可視化しろっていうんだ。

代理人の佐藤弁護士は
「検察官からは「よく(生きて)収監させてくださいました」と言ってもらいました」
と涙ながらに発言したが、あんたのコトも片山のコトも、ハッキリ言ってどうでもいい。
誤認逮捕された人たちの中には、人生が滅茶苦茶になった人もいるのではないのか?
中には大学を退学せざるを得なくなった元大学生もいると聞く。

さて、この事件では多くの言論人が「疑わしきは被告人の利益に」式に片山を庇った。
でも、冷静に考えれば、「推定無罪の原則」というものは物的証拠、決定的な証拠が挙がらない時に
その容疑者を

無罪だと決めつけることではない

ハズだ。
そもそも片山が江の島と雲取山の両方に姿を現しているコトがわかった時点で、真っ黒黒助じゃねぇか。
片山を全力で無罪放免にすることではなく、どうすれば有罪に導けるのかを考えるのが普通だろう

イデオロギー闘争のツールとして刑事事件の加害者の人権ばかり主張する人物たちの姿は異常だ。

マスコミその他に登場して片山を全力で庇い、無罪であると主張した輩は、黙り込むべきではない。
江川詔子、岩上安身、大谷昭宏、レイバーネット...
片山がすべてをゲロった今、何か言ったらどうか。
少なくとも片山の代理人である弁護士は
「刑事事件に関わるものとして嘘を見破れなかったことは反省したい」
と会見で謝罪したぞ。

テレビを見ている範囲では、特に片山を擁護していた左翼マスコミに、真犯人である片山ではなく別の人を
誤認逮捕してしまった警察を批判する向きが多くあるが...ならマスコミはこういう犯罪が起きる可能性を予め
世に警告し、警察の体制が追いついていないことについて問題提起していたのか。
政府や国、警察の批判は簡単だが、たまには自分たちマスコミの責任を批判してみせたらどうか。
マスコミにも科学等を専門に担当する部門はある。
彼らはなにをやっていたのか。
甚だ疑問だ。




この記事を読んで「良かった(≧∇≦)b!」と思う者は、
下のバナーをふたつともポチるべし!ポチるべし!ポチるべしっ!!↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR