新1年生の担任教員が入学式を欠席したという報道について思うコト

4月14日のフジテレビ「とくダネ」で、50代の女性高校教師が、
自分の息子の高校の入学式に出席するために、自分が担当する高校の新1年生の入学式を
欠席した、というニュースがあった。

入学式って、教員が担当する新入生と信頼関係を結ぶ最初の大事な儀式であるハズ。
教員という職業を自分の意思で選択した以上、自分のプライベートを犠牲にするという覚悟を
その時点でしていないとおかしい。
慎1年生に対し、あるいはその保護者や関係者に対し迷惑をかけてでも、自分のやりたいことをやる...
ここでも、現代日本人の肥大化した権利意識が垣間見える。

同情論としては
「いくら教師といえど一人の親であれば、入学式に出たいと思うのは当たり前だ」
「そもそも学校側がフォローすれば良いだけ。その為の副担任や学年主任がいるのでは」
「もともと学校側に許可をもらったうえで欠席しているのだから、文句を言われる筋合いはない」
...いやいやいや、文句を言われるとか言われないとかの前に、どうしてそういう選択をしちゃったのよ?
っていう話なのだ。
文句を言う側の問題ではなく、そういう行動をしてしまった教員の問題なのだが。
繰り返しになるが、教員という職業を自分の意思で選んだ以上、自分のプライベートは
犠牲にする覚悟が無ければおかしいし、副担任では代役は不可能だ。

どうしても息子の入学式に出たいのであれば、そんなコトかなり以前からわかっているのだから、
担任になるコトを辞退したらどうなのか。

そもそも論として...
いつの時代から、親が高校の入学式に出席するようになったんだろう。
オレたちの世代では、小学校の入学式までは母親が出席したが、
小学校の卒業式以降は子供はひとりで出席していたぞ。

親と子とは、もう少し距離を取ったらどうなのか。
そこまでしてお母さんが息子の高校の入学式に参加したがってるなんて考えるだけで、
気持ち悪くなってしまうのだが。

件の教師も、息子に対し
「私は教師だから担任する生徒に対する責任がある。だから、あなたの入学式には行けない」
「当日はあなた一人で行きなさい」
...そう言えば良かったのではないのか。

最近では大学の入学卒業式、それにとどまらず会社の入社式に同席する親もいるんだとか。
以前の記事で書いたコトだが、企業の側が入社式に親を読んで、新入社員に感謝の手紙を
読ませるなんてニュースを聞くと、頭がクラクラとしてくる

日本はどうなっちゃってるんだ┐(๑´ㅂ`๑)┌ヤレヤレ




この記事を読んで「良かった(≧∇≦)b!」と思う者は、
下のバナーをふたつともポチるべし!ポチるべし!ポチるべしっ!!↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR