⑦人工透析を導入した経緯:高校卒業まで透析導入を免れる【いつ診ても波乱万丈wその5】

そんなこんなで2か月半の入院生活を終え、
身体はふわふわした不思議な感じのままなのだけれど、
めでたく復学...ォメデトォ~!!(* ̄◇)o∠*:'゚*:PAN!
退院の真相は...
先生によると、入院してる間にオレの腎機能が完全に失われて
人工透析を導入する腹積もりだったのだけれど、
なかなかそうはならないし、
これ以上入院させ続けると留年しちゃうから、退院させるというものだった。

ちなみに、お医者様から学校の保健室の先生に宛てられた手紙の中身を
高校卒業後に見せてもらったのだが、
体育はもちろん掃除等の活動への参加もNGになっていた。
お医者様からの指示は『絶対安静』だったのだ。

人工透析一歩手前の保存期なんだから当たり前(。-_-。)

20131103中津峡42
平成25年11月3日(日) 奥秩父中津峡へ紅葉狩り
中津峡の大自然の中にぽつんとある、しし鍋屋さんの『後藤商店』


ところが、体育の先生は
授業の前に「休ませてください」と事前に言いに行ったオレに対し、

「オマエ、休み時間に騒いでるくせに休むのか?
そんなんで進級できると思ってるのか?ヽ(`Д´)ノ」
 (。-_-。)

高校生の男の子なんだからさ、病気とは言え自覚症状がほとんど無し、
休み時間にギャーギャー騒いでても仕方ないじゃん。
そもそも騒げないほど具合悪ければ学校になんて来てないってば。
結局体育の授業には出なければならなくなり、
その流れで卓球部の練習にも参加するハメに。

絶対安静なのに、時にはローカルな試合には参加していたオレ...

その後もお医者様の期待?を裏切り続け、
高校卒業まで人工透析導入を免れることができた。
こんなふうに体育の授業や部活に出たりしても
しぶとく透析導入せずに高校生活を済ませられたのは、
食事制限が上手くいったからだろうと思う。

20131103中津峡39
しし鍋、いも田楽、味噌こんにゃくやいも田楽が名物のお店。
特にこの日はうどん入りしし鍋が多く出ていた。
9:30にそんなモンよく食えるよなぁ...


オレは入院中に、その当時は計算機片手に『栄養成分表』をにらみつつ、
自分で献立を作れるよう指導を受けた。
栄養素それぞれに一日当たり、
蛋白質は、7単位(21g)、
カロリーは逆に3,000kcalも、
カリウムは、○○g、
リンは...
指示されていたのだけれど、
一日当たりの食事での各栄養素の合計が、
その指示通りに収まるよう献立を作った。

おふくろさんががその計算がいまいち理解できなかったので、
オレが献立を作り、実際には母が料理を作るという役割分担になった。

今は、透析患者に対し...
リンを抑えるために、乳製品や肉、魚介類を控える、
カリウムを抑えるために、野菜、果物を控える、
...という具合に、おおまかな指示しか出さないようになった。
チラッと聞いた話だけど、
細かく厳しく指示しても
守れない人がほとんどだから、やり方を改めたのだとか。

透析患者に関して言えば、食べる量を減らして、
毎月の血液検査の結果を気にしてさえいれば、
だいたい大丈夫な気がする╰(๑′∀ ‵๑)╯ワ~イ


とか言って、一昨年と昨年、2度も高カリウム血症による心肺停止で、
死にかけてるオレ...(´艸`)www

20131103中津峡40

また、このころのオレは尿がやたらといっぱい出ていて
(一日2リットル以上、腎不全末期は一時的のこうなるらしい)、
だから排泄を促すために、指示された一日に摂らねばならない水分の量は
一日に2リットル以上Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
そしてカロリーアップのため、
炭酸飲料を多く飲んでいた。
まぁ、好きだったからいいんだけどね(・ω≦) テヘペロッ

もう20年以上前の話だが、
当時の腎臓病の保存期の病院食ってものすごく不味かった
(腎臓病の食事に限った事ではないのかもしれないが)。
今では、多分管理栄養士はじめ病院関係者の方々のおかげだと思うが
すごく美味しくなって透析後に好んで
病院の給食で昼食を済ませる患者も多い。
自宅に帰っても、
今は、人工透析患者用のレシピ本も出版されていて、
これがなかなかに充実している。

<オレがお世話になってるレシピ本>
『家庭でつくれる透析食 PartⅠ』 ライフ・サイエンス
『家庭でつくれる透析食 PartⅡ』 ライフ・サイエンス
←PartⅡにはコンビニの弁当、総菜の活用法もあり。
『わかりやすい透析食』 ライフ・サイエンス
『透析食を楽しく作るおいしく食べる』旭屋出版

20数年前は計算機を片手に『食品成分表』を見ながら、
病院の給食や栄養士さんの作ってくれたメニューを参考に
自分で献立を作っていたけれど、
これらを見ながらやるとうーんと楽ちん。
世の中便利になったねぇ( ==)旦シミジミ...

20131103中津峡41
これって、なんていうんだろうね。
鍋の...重り...(¬_¬)?
二つ上の写真の、鍋の上についている


また、ややお金は張るのだが、
腎臓病患者へ弁当を宅配してくれる業者さんもである。
お金に余裕がある人は検討する価値あり。
オレが利用していた業者さんは、
一日一食、夕食のみで、一か月あたり確か20,000円くらいだったと思う。
レシピ本を見て作る食事と比べ、
それほど美味しいとは思えないが...(。-_-。)
なお、すんげー有難いことに、
管理栄養士さんやクリニックが自主的に運営している
サイトでも透析患者用のレシピを公開してくれている。
検索するとたくさんヒットするので参照されたし。

退院後の高校生活では、腎臓病ではさほど困ったことはなく、
卒業式当日に体調を崩して病院に担ぎ込まれるまで、
人工透析導入を免れることができた。

そのかわり、後のうつ病の原因になる抑うつ神経症の魔の手が
忍び寄っていたのだが...






お読みいただきありがとうございました
↓下のバナーを1日1回ふたつともクリックして、ランキングの応援を頂けると
ブログ主のぬこ之助は失神するほど喜びますm(._.)m

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 

闘病記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします((○┓ペコリィ>
闘病記ランキングへ
プロフィール

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR