懺悔

このブログでぬこちゃんは時々、
「私は地獄へ落ちるだろう」
と言っていますが・・・今日はその理由を綴るのです。

ぬこちゃんがどういう人間であろうがたいていの人にとっては興味がないという人が多いと思います。しかし、自分は自分で心のありようを綴りたいだけなのです。それがこのブログの存在意義でもありますし・・・多くの人にとってはこういう記事は不快なだけでしかないのでしょうが・・・そのときは途中で読むのを中止していただきたいのです。

以上、予めお詫びしておきます。

28日土曜日の夜。那須のホテルで、ぬこちゃん一家は3階からエレベーターに乗って、6階を目指していました。食事会場となる大広間に行くためです。すると、4階でエレベータが止まった時、ぬこちゃん一家の後ろの方から、
「すみませーん、降りまーす」
という声が聞こえたのです。当然、我が家はいったん降りて、道を譲らなければなりません。ところが、ウチの両親はエレベーターの出口に陣取って突っ立ったままでした。

ぬこちゃんはそれが気に入らなくて、逆にとんでもないことをしてしまったのです。

な、なんと・・・

両親を突き飛ばすような、そんな感じで強引に下ろさせたのです。

後で冷静になればなるほど、申し訳ないことをしたなぁ・・・って思うようになりました。で、次の日の朝、ぬこちゃんは両親に対し、
「昨日はゴメンね」
「エレベーターに乗っているときは譲らないと・・・と思ってね」
「だからと言って、オレが乱暴な態度でお父さんとお母さんにそういうことをしたのはまちがいだった」
「もう一回謝るわ」

多分、両親は驚いたと思うのです。だって、ぬこちゃんは両親に謝罪したり、あるいは感謝したりすることがまったくないからです。

もう一度言います。ぬこちゃんは、もうはるかにガキだった頃から、両親に『ゴメンなさい』とか、『ありがとう』とか、言ったためしがないのです。

このときは、両親ともに
「そうか、そうだよね」
「あたしたちエレベーターの乗り方も知らなかったよ」
「ぬこの言うとおりだね」
と言ってくれたからまだマシだったのです。

ぬこちゃんは精神科のお医者さんから
「一人暮らしはやめて実家に帰りなさい」
と言われたので、今は両親のお世話になって生きさせられているのです。そんな両親に乱暴な態度は、本当は許されないのです。でも、それがわかっていながら実の親に対し乱暴な言葉をはきかけるぬこちゃん・・・地獄行き確定でしょうね。

以前amazonから手に入れたDVD1960年(昭和35年:新東宝)公開の映画、『地獄』。映画の半分は地獄に墜ちた人々が苦しむ描写なのですが、ぬこちゃんの生き場所は、おそらくそこなのだろうと思っているのです。

さて、今日は気持ちよく晴れました。この時期、ぬこちゃんのようなうつ病患者にとってはこのような陽気はとても助かるのです。これから臨時透析を受けに病院に向かうのです。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

※不適切なコメントがあった場合は管理人の判断で削除します。

政治やマスコミ問題、社会問題、国際問題等の小難しい話についてはこちら。かなり毒吐いているので、苦手な方はスルーしてくださいな。
『猫いらずの言いたい放題』




スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR