平成29年5月6日 足利フラワーパーク

※この記事は足利フラワーパークへお出かけした昨日の日記です(*´▽`)ノノ

ぬこ之助一家のお出かけの日の朝は、異常に早いのです。いつも通り朝5時に起きて、軽くおにぎりを食べてから出発((((((((((((((((シュタタタタタッ ヘ(* - -)ノイッテキマァ~ス!!

むむむ・・・良い天気なり。気持ちよくお出かけを楽しめそうだ٩(๑>◡<๑)۶

足利フラワーパークの開園時間は朝7時。ぬこちゃんズ一家は、それよりちょっと早く到着していたのだけど・・・すでに開園していました。お客さんは以前に来たときほどではないと感じました。

中に入っても、人の多さはそれほど感じられない。以前は他のお客さんとすれ違うのも難しかったくらいなのにね。

290506足利フラワーパーク_1

「大長藤」栃木県天然記念物。
見頃だったのです・・・見事だったのです。

来て良かった。
勇気出して来て良かった٩(ˊᗜˋ*)و

290506足利フラワーパーク_4

足利フラワーパークのHPより・・・

大藤 4本 ( 野田九尺藤 3本、八重黒龍藤 1本 ) と 80m におよぶ白藤のトンネルは栃木県天然記念物に指定されており、これらが見頃を迎える 4月中旬から 5月中旬の 1ヵ月間は 「ふじのはな物語~大藤まつり~」 が開催されます。また10月下旬より開催されるイルミネーション 「光の花の庭」 は夜景コンベンションビューローが認定する関東三大イルミネーションに選ばれ、2016年には全国4,800名の夜景鑑賞士が選ぶ全国イルミネーションランキングにおいて、イルミネーション部門で全国1位を獲得。』

そして・・・

「2014年の世界の夢の旅行先10カ所」に日本で唯一、このあしかがフラワーパークが選ばれちゃったらしいのです。そのために、外国人のお客さんがやたらと増えて、毎年毎年この季節になると園内が大渋滞することになってしまったらしいのです╮(╯-╰")╭

290506足利フラワーパーク_2

290506足利フラワーパーク_3

園内には藤だけではなく、さまざまな花が咲いていて、それぞれがまた素晴らしいのです。この園に行くとけっこう大勢のスタッフさんたちが、せっせと園内の植物を手入れしてくれているのです。こんなにまで園内をキレイに保っていただいて、本当に感謝なのです。

290506足利フラワーパーク_5
こちら、白藤

ぬこちゃん一家は2時間ほど園内を散策した後、帰途についたのです。

あ、そうそう、透析室のスタッフさんへのお土産は、『かんとりぃまぁむ・とちおとめ』です。同じくとちおとめのキットカットもあるのですが・・・以前、お土産にしたことがあるので、今回は『かんとりぃまぁむ・とちおとめ』なのです。「かんとりぃまぁむ」と「とちおとめ」のタッグはおそらく最強だろうと踏んだのです。

帰りの西口ゲートはとんでもないくらいの行列が出来ていて、ビックリしてしまいましたΣ(`0´*)ヌォ!!。そして、たくさんのお客さんがぞろぞろと入園してきて・・・その『圧』はすさまじい物でした。園内に入るだけでどんだけの時間がかかるんだろう。

そして、道路の渋滞もすさまじいのです。フラワーパーク周囲の舗装されている駐車場はずっと満杯のまま。舗装されてない、まるで畑のような駐車場はまだまだ空きがありましたが・・・

クルマの列は道路にまで連なっていて・・・一般道にも連なっていたのです。これは・・・入るまでにどれだけ時間がかかるんだろう。

結論。

足利フラワーパークを訪れるためには、ぬこ之助一家のように早すぎるくらいに到着するか、それとも激混みするのを覚悟で並ぶしかないのです。

でも、そうして苦労して入園してもあまりあるほどキレイな公園なのです。

素晴らしいのです( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧イイネッ!!




<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR