思い出したこと

ぬこちゃんの神経はピリピリしていました。

ぬこちゃんはその時、ロンドンだかニューヨークのゴミ箱の中に潜んでいたのです。なんでゴミ箱だったのかというと・・・それはわかりません。とにかく息を潜めて『その時』を待っていたのです。

ぬこちゃんはアフリカの先住民族の青年で、足の速さが自慢でした。そして、それを見込んだ『ミライ・ヤシマ』さんにホワイト/ベースへ招待されたのです。

ぬこちゃんはみっちりと『研修』を受け、ますますたくましい戦士となりました。可愛らしいミライさんとお別れしなければならなかったのはツラい限りでしたが、ぬこちゃんにはやらねばならないことがあったのです。

大都市のゴミ箱で身を潜めていたぬこちゃん。ゴミ箱を一歩出たらやられるに決まっているのです。外には機関銃を持っている警官隊がぬこちゃんを射殺すべく待ち構えているのです。

それともうひとつ。

ぬこちゃんが潜んでいるゴミ箱の下段には、白骨化したおふくろさんの遺体がありました。なぜおふくろさんが亡くなったのか・・・なんでおふくろさんがゴミ箱の中にいるのか・・・それはまったくわかりません。おふくろさんをこのままにして出ていくのはなんとも忍びがたいことでした。

けど、行かなくてはならないのです。

おふくろさん、堪忍してくれ・・・

ある日の未明、決心したところで脱出。足を数発撃ち抜かれましたが、幸いにも命はありました。竹やりを持って、作戦開始∠( ̄^ ̄ ラヂャ!!!なのです。

自分の使命を遂げなくては・・・あれ?・・・『自分の使命』って、なんだったけ??

しばらくして、ぬこちゃんの意識が戻ったわけです。
救命病棟から一般病棟に移動した時のことでした。両親が見舞いに来てくれていました。両親はホッとしてくれていた様子でした。ぬここちゃんはなぜ、ここにいるのかわからないので、きょとんっ・・・としているしかなかったのです。

親父さんに言われて気づきました。ぬこちゃんは親父さんに具合が悪いことを告げていて、親父さんが救急車を呼んでいてくれたのです。ぬこちゃんは最後まで救急車を呼ぶことをためらっていました。だけど、結果結論から言えば、救急車を呼ぶのがあとちょっと遅かったら、ぬこちゃんは命を落としていたのです。

ぬこちゃんは高カリウム血症による心肺停止状態に陥っていたのです。

そして、最初の頃は声がまったく出ませんでした。声は出ないなら出ないでもいいのです。おふくろさんが亡くなっていないこともわかったし。

二度目の心肺停止を起こしたときは、救急隊の人の心臓マッサージが激しすぎて、あばら骨を骨折しました。看護師長さんによると、
「それくらいやらないと、効果はないし意識は戻らないのよ」
だって。しかもぬこちゃんは心臓と肺に血がたまっていて仕方ないから近くの病院でそれを抜くためにオペをやったのです。これがまた、麻酔が皮下注射で、ぬこちゃん史上一番に痛かったのです。ぬこちゃんがね、
「いでぇ~~~!いでぇ~~~!」
と大騒ぎするので、看護婦さんはじめスタッフさんたちがみんなでぬこちゃんの←腕をロックしているのがよくわかりました。

ぬこちゃんは、なんども主治医壱号にその幻覚?の原因がなんだったのか、質問をしたのですが、
「今は大丈夫なんだろ?」
でお終いなのです。

ぬこちゃんは多分、一時的でも心臓が止まってしまったんだし、それなりのストレスがあったんだろうし、いろんな過激なクスリも使われていたのだろうから、そういう副作用が出るのも仕方ない・・・

そう考えるようにしているのです。

ε=( ̄。 ̄;)フゥ

今日も埼玉県地方はよく晴れていて、穏やかなのです。明日の透析を乗り越えれば週末なのです。
ちなみにぬこちゃんの家では、今度の土曜日に群馬県は館林市にある『つつじヶ岡公園』に行ってくるのです。赤とかピンクとかいろんな色のツツジが満開、見頃となっているようです。

((((((((((((((((シュタタタタタッ ヘ(* - -)ノイッテキマァ~ス!!




<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします((○┓ペコリィ>
闘病記ランキングへ
プロフィール

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR