『川西航空機 紫電改』 帝国海軍



九十七式大艇、二式飛行艇という大型の飛行艇を開発製造したことで有名な川西航空機が開発、生産した戦闘機(川西航空は
陸上戦闘機を開発するノウハウを持っていないのでは?というコトで、三菱重工がその開発に携わったという話もあります)

この川西航空機は戦後、新明和工業となって、今でも海上自衛隊に大型救難艇を提供しています。

そういえば・・・海上自衛隊の救難飛行艇US2によって救助された読売テレビアナウンサー辛坊治郎が言うには・・・自衛隊の皆さんの命まで危険にさらしてしまったと反省していたのです。私たちが覚えておかねばならないコトは、どんな状況であれ自分の命を省みずに自衛隊の隊員さんは必ず駆けつけてきてくれるということなのです。感謝しなければいけないのです。

海軍の『紫電改』は日本でも陸軍の『四式戦疾風』と並んで最強とも言われる戦闘機。主に迎撃線に駆り出されることが多かったようです。

ずんぐりとした体型なのです。海軍の『零戦』や陸軍の『一式戦闘機隼』が軽戦闘機であるなら、紫電改は重戦闘機とも言えるかもしれません。

wikii情報によると・・・この紫電改の開発にあたっては様々な紆余曲折があって・・・最初の愛称が『紫電』だったこの戦闘機は『紫電改』という愛称を命名されてやっとこさっとこ採用されたのです。立派なのです。偉いのです。





<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします((○┓ペコリィ>
闘病記ランキングへ
プロフィール

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR