福原愛ちゃんは、日本卓球界の宝(* ̄ー ̄)v

今日の卓球全日本卓球選手権女子決勝終了後...表彰式で、3位までの選手が入場。
その時に、誘導する係員の背中ばかり見て歩いていた福原愛ちゃんが、
うっかり表彰台を通り過ぎてしまったコトを、
オレの鋭い目は見逃さなかった(¬_¬)キラリンッ
照れ隠しで笑ってみせても無駄なのだよ(=ↀωↀ=)フフフ...

彼女は今日の準決勝で高校生の森さくら選手にまさかの敗退。
福原愛ちゃん...今、なにを思っているんだろう。
ホントに、オレがそういう話を聞ける間柄だったらじっくり聞いてみたい。
オレがお気にの平野早矢香選手も準々決勝で同じく森選手に負けている(。-_-。)
平野選手は、彼女が仙台育英高校にいた頃から好きなんだよねぇ(///∇//)ゞテレテレ

福原愛ちゃん、日本卓球界の宝。
20年以上前、3歳の頃から「泣き虫愛ちゃん」としてtvで親しまれ、
とんねるず、さんまちゃんらにまで泣かされて...
でも、泣いてただけじゃなくて頑張って高校生の頃から中国のプロリーグで武者修行までして、
実力をつけ世界を舞台に活躍してきた。
日本の卓球界を人気、実力の両面で引っ張ってきた。
中国でも人気者なんだとか。
中国人さんって彼女みたいな福々しいお顔、好きそうだもんね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ロンドン五輪後痛めていた右ひじの手術をして、引退することも考えたという彼女。
オレは、彼女は五輪団体戦で銀メダルを獲得したことで、もしかしたら目標を見失うのでは、
と思っていた。
彼女が自分で引退を決めるのであれば、それでもいいよねと思っていた。
幼いころから期待された分、苦しかっただろうから。
そしてこれもオレの勝手な想像なんだけど...彼女は明るい性格なのだけど、
メディアに追いかけまわされるのは苦手な女の子なんだと思う。
精神的な部分で、線が細い所がある気がする。
そういう生活がツラいなら、もう普通の女の子として普通の生活を送ってくれても...
しかし、彼女は昔からお付き合いのあるフジテレビのドキュメンタリーで中でこう言った。
「私には卓球しかないから...」
卓球しかないことが彼女にとって良いことなのか悪いコトなのか考えると、
ものすごく切なくなって胸が熱くなってきた。

彼女は今、どこかへ呼ばれて出かけるときは手土産を持参するとか、
会場の設営を手伝うとか、自炊して料理を覚えたりするとか、そういうところから始めて
常識というかそういうものを勉強しているらしい。
余計なお世話だけど、将来、女性としても幸せを掴んでほしい。

ある程度年齢を重ねた人なら知っていると思う。
かつてどれだけ卓球がダサい、暗いと言われてバカにされていたか。
世界選手権の日本人チャンピオンは昭和54年以降生れていない。
この直後、日本の卓球界は王者中国とヨーロッパ勢の巻き返しに遭い低迷する。
そしてちょうどその頃、あるタレントが、突然卓球を
「暗い」「根暗」
と言ってバカにし始め、それを真に受けた視聴者も卓球をバカにした。
この動きは卓球だけにとどまらず、社会現象にまでなった。
オレはこのタレントさんのコトは大好きだが、このコトはあんまりだ٩(๑`^´๑)۶と思った。
こんな環境で日本の卓球が発展していくわけがない。

ところが...

22年前、そんな卓球界に、ジャンヌ・ダルクのごとく福原愛という3歳の少女(幼女?)が登場して
世間の卓球を見る目が徐々に変わってきた。
去年産業能率大学の「ロンドン五輪感動度調査」では、
1位が福原愛、2位が石川佳純だったという\(^o^)/
卓球は人気、実力とも一昔前と比べればそのイメージを回復しつつある。
そんなふうに福原愛ちゃんは日本卓球界に大きく貢献してきたのだ。

彼女は間違いなく日本卓球界の宝なんだよね。
もしこれからも卓球を続けてくれるのなら、
石川佳純と一緒に二人で日本をリードして行ってほしい。
そして、いつか引退したら、ステキな人と巡り合って幸せになってほしい。

あ、今どきはこういうコト言ったらセクハラになるのかな(・ω≦) テヘペロッ






お読みいただきありがとうございました
↓下のバナーを1日1回ふたつともクリックして、ランキングの応援を頂けると
ブログ主のぬこ之助は嬉しすぎて百万ドルの笑顔をあなたにふりまくかもしれません(*・ω・)ノ

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします((○┓ペコリィ>
闘病記ランキングへ
プロフィール

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR