『ボーイング B-29 スーパーフォートレス』 米国陸軍航空隊



B29スーパーフォートレス・・・あの戦争当時、日本を敗戦に追いやった爆撃機なのです。

上の動画にはB-29のコクピット内も見られて、とても貴重な動画なのです。
あの当時、B-29に対しては日本の陸軍は一式戦闘機隼、二式戦闘機鐘馗、三式戦闘機飛燕、四式戦闘機疾風、そして海軍は零式戦闘機、雷電、紫電改などが迎撃に向かったものの、撃墜することはかなり難しかったようです。

B-29は、10000kmもの高高度を進んでいたし、その護衛には、史上最強のP-51ムスタングが護衛していて、日本の飛行機での
アメリカという国の技術の素晴らしさ、や質量ともに絶対的な国力の差・・・そんなものを認めるしかないんだよなぁ、とつくづく思わされるのです。

しかし、戦争にはルールがあります。ハーグ条約については日本もアメリカもそれについては締約していました。締結していました。その条約には軍人が一般人を殺害することは禁止されているワケです。

ところが・・・

B-29は東京をはじめ日本中の各都市を数百機で大規模に空爆しました。それは普通の爆弾ではなく、多くは『焼夷弾』でした。日本の各都市には木造の家屋が多いため、それを攻撃するためにB-29hs、その方が『効果的』にづるために、なく、焼夷弾でもって、戦争時でも許されない日本国民を焼き殺したのです。一番やってはいけない戦争犯罪でした

数百機もの大編隊でやって来て、東京ににしろどこにしろ数百機で飛来してきては焼夷弾を落としていったのです。

小学2年生の時、教科書に『猫は生きている』という作品が掲載されていました。で、それから数十年たった最近、ふとそれを検索してみたら・・・あったのですね。それは絵本でした。ぬこちゃんはその表紙の絵も覚えていました。

とても読めないのです。

あまり内容をここに書いてしまうのは適切ではないかも知れません。東京大空襲で逃げ回る家族とその家の軒下に住み込んでいた親猫と子猫二匹。

人間とネコたちの逃避行の対比が実に切ないし、悲しいのです。

戦争は嫌なのです。日本にはもはや戦争をする仕組みすらありません。やられたらやり返す手段がないわけです。戦争をしたくない、日本の平和を守りたいと思うなら、抑止力を高めるしかないのですが・・・

私たちより一回り年上の連中がそうさせないのです。上の連中の頭が固くてどうしようもない、というのが現状です。

情けない。情けないですね。




「焼夷弾の威力」昭和13年



「B29 P51 本土空襲」




<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 日々のこと
ジャンル : 結婚・家庭生活

『ウルトラQ カネゴン(円谷プロ)』 TBS 



先日、カネゴンの動画をupしたつもりが間違っていたので、あらためてupするのです。
昭和40年頃頃の子供たち、同じくあの頃の風俗が垣間見られて興味深いのです。

カネゴンになってしまった息子を見て、呆気にとられる両親のリアクションがなんとも古くさい。
また、カネゴンになってしまった息子が、
「父ちゃん、よう、開けてくれよ、よう、開けてくれってば」
というセリフ、今なら
「ねぇ、開けてよ、ねぇ、ねぇ」
って言うのが普通だろうね。

あと、カネゴンが町中を歩いているときに見られる周囲の子供たちや大人の着ている服も興味深いのです。

それから・・・この回についてはドラマの進行にそれほどの深みがあるワケではないんだけれど、なんとなく『トワイライトゾーン』や『世にも奇妙な物語』にも通じるものがあると思うのです( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧イイネッ!!



<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

透析室の風景 それどころじゃないんです

とーせきちう∠( ̄^ ̄ アイアイサ !!

ヤダヤダヤダ・・・ヤダヤダo((>ωω<))oヤダヤダ
とにかく透析がイヤだ。

うつうつしてイヤなのだ。

最近送迎バスに乗り込む時からそうなのだけど、なんだか寂しいというか、もの悲しいというか・・・そういう感情で心がいっぱいになるのよね。

ぬこちゃんは高校を卒業した年の秋、『抑うつ神経症』と診断された。そして、24歳で学習塾に就職、翌年には『うつ病』を発症した。ところが塾は社員が4人しかいない零細企業なので、病気休職を取らせてもらえなかった。取得できなかった。

結局・・・あるとき、ぬこちゃんは他の社員に呼び出されて、みなから囲まれて罵声を浴びせかけられ続けた。糾弾されたというか、逃げ道ももらえず、その年の中学3年生の子供たちが卒業した後の3月に解雇された。

それ以降、ぬこちゃんは転落していくのです。

体重の増えは4.1kg。うーん、しまった╮(╯-╰")╭・・・っていう感じなのです。4時間で4.0kgの除水、ということで人工透析開始。

透析開始から2時間、今回もまた、血圧が低下、103だって。液温を65℃にまで下げてもらい、さらに透析自体を10分ほどとめてもらった。
その後、再び測ってもらったら、血圧は98_| ̄|○ ガクッ...

ダメだ、今日もダメだ・・・

あぁ、先日の透析で足がつっちゃった苦い思い出が蘇るわぁ・・・
いや、血圧が下がって苦しくなって救急搬送されてしまった時の方が苦しかったか・・・

今日の担当は。ないすばでぶりぶりな看護婦ちゃん。でもね、今日はそれどころじゃないんです。下ネタも思いつかないほどに苦しいのです。

とーせきしゅーりょー∠( ̄^ ̄ ゴクロウ!!

ε=( ̄。 ̄;)フゥ・・・やればできるもんだねぇ。ヘルパーさんには、
「ぬこさん、今日は比較的楽そうですね╭( ・ㅂ・)وグッ!!」
そうか、スタッフさんにはそう見えるのか。

外に出ると・・・いやぁ、今日はすっげぇ晴れてて暖かくてきもちいいわ~⊂⌒っ´∀`)っマターリ




<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

仲良しわんこ&にゃんこ



わんこ様とにゃんこ様の仲の良いお姿なのです。
癒やされます~⊂( ⊂ _ω_)⊃マターリ





<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

ケアマネさんが突然に・・・

今日はケアマネージャーさん(ケアマネさん)が家に来る日・・・だったハズだった。けれど、その約束だった午前10時をすぎても姿を見せない。

どーしたんだろう(o¬ω¬o)??

と思っていたら、電話が鳴った。ケアマネさんが足をケガしたとのことで、別の人がウチに来てくれるという。予定の10時ではなく午後2時に。でもね、その時間は都合が悪いのよ。親父さんが病院に行くらしいので・・・

親父さんがそう言ってるのだけどあちあにはあちらの事情があるらしい。

結局ぬこちゃん本人とおふくろさんとで対応することになりましたとさ。ぬこちゃん本人はちょっと初めての人と自分ひとりでやり取りするのは、非常にツラいことなのだけど・・・仕方ないですね。

さて、どうなることやら・・・



<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

透析室の風景 隣のおっさんの怒りo(`ω´ )oプンプン

とーせきちう∠( ̄^ ̄ アイアイサ !!

朝から雨なのです<(; ̄ ・ ̄)=3 ハァ...雨は午後にはあがるらしいけど、最高気温はなんと10℃を下回る予報。なんだかねぇ・・・冴えないですねぇ。心がうつうつしてしまいますよ╮(╯-╰")╭

で、送迎バスに乗り込んで驚いた。バスのフロントガラスにたたきつけているのは、おいおい、雨に雪じゃないですかΣ(`0´*)ヌォ!!(・・・みぞれっていうの?)。東京はじめ首都圏で3月下旬に雪が降るて、過去にあったのだろうか。ぬこちゃんはその昔、中学校をその年の3月15日に卒業、その翌日に高校の学校説明会があったのですが、その際に雪が降ってるのを思い出しました。

渋谷では雪が舞ってるんですよね。あぁ、寒い。でも今は透析室の電気毛布を借りて、ぬくぬくで気持ちよく透析を受けているのです~⊂( ⊂ _ω_)⊃マターリ。ぬくぬくで気持ちよいのです。

体重の増えは中二日で4.6kg。はぁ・・・主治医壱号には、
「おいおい、ちょっと多いんじゃねぇか(。´-ω・)ン??」
へいへい、わかってますよ。でもさぁ、ぬこちゃんとしては、コレでも頑張った方じゃないっスか?ぬこちゃんは5kgも6kgも持ってきちゃったときもあるんですから。

ちょっと油断して、飲み過ぎちゃったんですよ。すみませんねぇ。

4時間で4.0kgの除水ということで人工透析開始。

ぬこちゃんはこの週末、気になるニュースがふたつあったのです。

ひとつめは、やっぱり稀勢の里の優勝。上腕二頭筋の損傷で全治三ヶ月だって。痛かったんだろうね。日本人ってこういう話が大好きだから、盛り上がっちゃいますねぇ。

でもね、次の場所では出場は厳しいのでは?とされているのですね。まずケガをしっかり治していただきたいと、心からお祈りするのです( ̄人 ̄) オ・ネ・ガ・イ♪

で、もうひとつは・・・『てるみくらぶ』という旅行会社の破産について。なんだろう、急に騒がれ出したけど・・・なんでここまで引っ張っちゃって、損害額を膨らませちゃったのだろう。元従業員の女性によると、
「あぁ、やっぱり・・・という感じです」
「以前から自転車操業の状態で、遅かれ早かれこうなっていいたと思います」

そしてTBS『ひるおび』で速報が入って・・・『てるみくらぶ』は自己破産の手続きに入った、とのこと。
ここで、八代英輝弁護士が一言、
「これで被害者はお金を取り戻すことがかなり難しくなる」
別の旅行ジャーナリストによると・・・自己破産してから被害者の損害はほとんど救済されないんだとか。
しがない世の中になったもんですねぇ┐(๑´ㅂ`๑)┌

別の被害者は韓国に行ったんだけど・・・」
と、チケットは手に入ったものの、ホテルがキャンセルされていて別のホテルを探したんだって。

テレビ見てたんだけど・・・大学の卒業旅行に行こうとしていた女の子たちが、
「飛行機のチケットが発券されない」
「会社と連絡が取れない」
「コツコツとアルバイトしてお金貯めてたのに(╥╯θ╰╥)シクシク」
彼女たち、かわいそうすぎるわ。

さて、ぬこちゃんの透析は・・・3時間たったところでだいぶ厳しくなってきたのです。自業自得ですが(* ՞ټ՞)テヘペロッ

さっき、ぬんちタイムを迎えたから離脱してトイレへ。ところが・・・少しも出ないのです。
あのね、最近家で出てくれることが少なくて・・・透析中にぬんちタイムを迎えよるのだけど、やっぱり出ないのです┐(๑´ㅂ`๑)┌なんでしょうね。スッキリしないのです。

こんな時間に「ヌンチヌンチ!」と連呼してしまって、申し訳ございません≦(._.)≧ペコ

とーせきしゅーりょー∠( ̄^ ̄ ゴクロウ!!

あぁ、あんなに嫌だった透析ももうすぐ終わると思うと、気持ちいいもんですね。今日は家に到着するとすぐに会社に「仕事始めます」メールを入れることができたのです。

隣のベッドのおっさんがなにやら怒っている。
「返血まだなの?٩(๑`^´๑)۶」
あって。うん、確かにオレよりも早く透析は終わっているのに、返血はオレよりはるかに遅い。あのおっちゃんの言うとおり、
「ちゃんと順番通りやってくれるんなら問題ないんだよ」
「だけど隣の兄ちゃん(←ぬこちゃんのこと)より早く終わってるのに、返血が遅すぎるじゃん」

なるほど、確かにそれは言えてるわ。でもぬこちゃんがわざわざ関わり合いになる必要はないので、さっさと帰ってきた次第。

さて、それではぬこちゃんはお昼寝大作戦を実行します∠( ̄^ ̄ キリリッ!!





<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

『TBS ウルトラQ』 円谷プロ



ウルトラQ』 は、1966年1月2日から7月3日にかけて放送された特撮番組。ウルトラシリーズ(空想特撮シリーズ)の第1作。主人公は万城目淳(星川航空パイロット)、戸川一平(パイロット助手)、江戸川由利子(毎日新報報道カメラマン)。
主人公3人が、毎回遭遇する不可思議な事件を描く特撮SFドラマ。制作当初は、アメリカのテレビドラマ『アウター・リミッツ』(1963年製作)や『トワイライトゾーン』(1959年製作)を意識して作られた怪奇現象中心のドラマであったが、制作途中の方針変更で怪獣を中心としたドラマに路線変更された。
(以上、wiki情報)。

カネゴンは『ウルトラQ』のだけでなく、その後の数々のウルトラシリーズに登場した。うんうん、ぬこちゃんも何度も見た記憶はある。あの頃は怪獣ブームで、カネゴンはかわいい怪獣っていう感じで受け止められていたように思う。

ちなみに、昭和59年のTBS学園ドラマ『うちの子にかぎって』にも登場したことがあるのです。ぬこちゃんは見たことがあるので間違いないのです。

江戸川由利子役の桜井浩子さんは、『初代ウルトラマン』の科学特捜隊の隊員としても出演していましたね。さらにゲスト出演したことがある小林昭二さんは同じく『初代ウルトラマン』の科学特捜隊のムラマツキャップとしてレギュラー出演することとなります。

ぬこちゃんは幼い頃、ウルトラQが再放送される度に見ていた記憶があるのです。

ウルトラQにはウルトラマンの時における科学特捜隊とか、ウルトラセブンの時におけるウルトラ警備隊といった組織は出てきません。そもそも、ウルトラマンやウルトラセブンのように、巨大化する正義のヒーローは、この『ウルトラQ』にはいないのです。

ぬこちゃんは、その当時の風俗とか文化というものにもとても興味があったのです。『ウルトラQ』にはそれ以降のウルトラシリーズとはまったく違う雰囲気、味わいがあるからなのです。

上記wiki情報では、円谷プロはアメリカのテレビドラマ『アウター・リミッツ』(1963年製作)や『トワイライトゾーン』(1959年製作)を意識して作成されつつあったけれど、TBSから路線変更を指示、怪獣ものを主体にするようになってしまったのだコト。これはかなーり悲しいことです。

『ウルトラQ』ももっとペーソスの効いた大人の作品になっていたら、面白かったのに・・・

もしかしたら『ウルトラQ』もフジテレビの『世にも奇妙な物語』みたいな雰囲気のあるテレビドラマになっていたのかも知れません

上の動画は『ウルトラQ』のカネゴンが出てくる回なのだけど、最近になってカラー化された模様です。ぬこちゃんより年上の子供たちの風俗がとてもよく読み取れて、そこもまた興味深いのです。





<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

思い出すたび惨めに・・・

ぬこちゃんはいつものように午後4時に入浴したのです。また、これもいつも通りすっごくあつ~いお湯だったのです【~~~ヽ(=^‥^=)丿~~~】イイユダニャ♪

で、入浴剤(ラベンダー?)の香りで癒やされながら目をつぶると、いろんなコトが思い出されたのです。

基本的に、ぬこちゃんは自分がいくつもの病気、障害を抱えていることになったコトを『ポジティブに・・・』なんて考えたことはないのです。だから、乙武洋匡なんぞの話は気持ち悪いと思うことはあれど、
「そうそう、その通りだよね╭( ・ㅂ・)وグッ!!」
などと思うことはないのです。

深入りいすると話が逸れてしまうので、ここでは乙武洋匡の話は避けるのです。

さて、ぬこちゃんは今年、とうとう年賀状を一枚も出しませんでした。真面目に言って、手が震えてまともな字を書けないのです。そう、その瞬間、ぬこちゃんはリアルの世界で親密におつきあいしている人がひとりもいなくなったのです。

中学校、高校、そして大学の同級生をは、とっくの昔に連絡は取り合っていません。

もし今、同級生たちに会ったら・・・彼らはぬこちゃんを見てなにを思って、どう話しかけてくれるでしょう。ぬこちゃんはとうの昔に大人数の中にいることが苦手になっています。明らかに挙動不審になっていて、しかも手が震えているぬこちゃんを見て、不審に思うかも知れません。

ぬこちゃんはすっかり『世捨て人』になってしまっているのです。

それが同窓会であったら、ぬこちゃんは同級生たちになんてしゃべりかけられるでしょう。
「うん、オレはねぇ、離婚して仕事を失って、今独身で契約社員してるよ」
そういうふうに説明すればいいのでしょうか。同級生たちは引くでしょうね。そして、ぬこちゃんは一次会の途中で早々に引き揚げるのです。

同級生たちは、
「結局アイツはなにをしに来たんだろう?」
とか言って、不審がるのでしょう。

ぬこちゃんは実家に帰る前に、そこで職を失い、実家近くのアパートに引っ越しました。引っ越し屋さんが荷物を運び込んだ部屋では、荷物を片付ける気力もなく、また、洗濯機も稼働できない状態だったので、和室にすべての洗濯物を投げ捨てていました。そのままそのアパートにいたら、ぬこちゃんの部屋は間違いなく『ゴミ屋敷』になっていたことでしょう。

10年以上前、両親と一緒に精神科のお医者に診察してもらいました。
「このままひとりでいたら、とても危険だから、実家に帰りなさい」
といわれました。
両親は正直、今さらぬこちゃんの世話はしたくなかったんだろうと思います。でもお医者からそう言われたから、実家に受け入れてくれたんだと主ます。

本当にあの頃は危険でした。

そんなことを考えながら風呂に入っていたら、のぼせてしまったのです。
そして急に体が傾いたと思ったら・・・洗濯機の角におでこを『ごっちんこ!』してしまったのです(╥╯θ╰╥)シクシク





<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

雪が恐い・・・



雪が珍しいのですね。でも外に出るのはちょっと恐い・・・
なんとも言えぬかわいさです(*`▽´*)アヒャヒャヒャヒャ~




<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

『Mr. Tambourine Man (Live at the Newport Folk Festival. 1964)』 Bob Dylan







<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコ>


※悪質なコメントは削除します。

<↓政治や社会問題,マスコミ等の小難しい問題についてのブログはこちら,毒吐いてますので、苦手な方はスルーして下さいな(*´▽`)ノノ>

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

★日本ブログ村バナー★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします↓> にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

日本ブログ村
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR