8月2日NHK「小さな旅」を見て感じたコト

250年ほど前、浅草の松阿(しょうあ)上人は川が氾濫してしまった村を訪れ、お地蔵様と一緒に各家庭を回るコトを決意。それから、松阿上人は一日も休むことなく祈り続けた。

しかし、再び大洪水が起きてしまったため、松阿上人はお地蔵様だけを村中に回すよう言い残して川に身を投げた。

一軒のお家に数日しか留まらない回り地蔵。

秩父鉄道の発着地でもある羽生の人々は、回り地蔵が家に来ると、親戚一同呼び寄せて皆で食事を頂く。
小さな子供は、お地蔵様を見て、
「怖いヾ(。>﹏<。)ノ゙コワイヨォ~」
と話す。

30㎏の重量がある回り地蔵は、檀家の人々に背負われて次のお家へ連れられて行き...そして幸せをもたらす。もしかしたら、子供たちは回り地蔵の由来に絡めて、大人から人の生き死にについて話を聞かされているのかもしれない。そうであるよう祈りたい。

NHK「小さな旅」は、毎週土曜日朝5時のニュースの後に始まる。日曜日の朝のもっと遅い時間に再放送されているらしい。毎週毎週、美しい映像で、いろんな地域の美しい風景や風習、風俗を紹介してくれて楽しみな番組だ。

真面目な話...今回の番組を見て佐世保の高1同級生殺害事件を思い出した。

「人は死んだらどこへ行くのだろう?」という疑問について、今までは仏教その他既存の宗教が、その答えを用意していたのだと思う。蓮の花がいっぱい咲いてて仏様の慈悲にあふれた天国、入り口に閻魔大王がいる地獄、その手前には三途の川が...みたいな、なんとな~く仏教の死生観に基づいた「死後の世界」を連想していて、みんなだいたいそこへ行くんじゃないの?的な考えを共有しているような気がしてる。

でも、今回逮捕された少女にはそういう「センス」が決定的に欠けているような気がする。
人が死んだらどこに行くのか全く分からない、だから自分が実行して解剖して調べるんだと、非常に合理的に理性的に考えている。
彼女はもしかしたら、解剖すれば、人間の魂のようなものが見つかるんじゃないのかというように考えているのではないのか。まるでロボットを分解していけばその心臓部であるCPUが見つかるのと同じように。
しかし、人のご遺体を傷つけたって、生命の神秘などわかるわけがない。

オレは学生時代心理学を専攻した。犯罪学を専門とする先生にゼミでお世話になったコトもある。だから関心を持ってこういう事件は見ているのだけれど、この手の猟奇的残虐的事件は、感情の爆発が主原因であるコトが多い。でも、今回の加害女子生徒の場合、極めて冷静に、理性的に犯行に及んでいる気がする。

戦後日本は日本国憲法を定め、公よりも個を重視するようになった。その流れなのか、それとも戦争への反省という意味なのか知らないが、日本のリベラリストたちは既存宗教を徹底的に否定してしまった。

佐世保では10年前にも小6の女子児童が同級生をカッターで殺害するという事件が起きており、それ以降、「命を大事にする教育」なんぞというものが行われていたらしい。しかしながら、
「生きてるって素晴らしいよねぇ」
「生命って大事だよねぇ」
な~んていう小学校の授業の薄っぺらい言葉をどれだけ子供たちに投げかけても、何かのきっかけがあればそんな物簡単に吹き飛ぶ。

あるテレビ番組のコメンテーターが「多くの映画や文学作品に触れてほしいですね」などと発言していたが、仏教やキリスト教、神道等の既存の宗教の思想に比べ、文学や映画の思想など実に浅い。

リベラリストどもがせっせと否定し続けてきた仏教的価値観がほぼ100%破壊されつくし、それに代わるものを提示し得ない現代、同じような事件が続かないとも限らない。

250年前に羽生に姿を現した松阿上人は自分の意の命を懸けて村人たちを守ろうとした。羽生では松阿上人の教えが守られている。羽生の子供たちの心の奥深くに、回り地蔵への感謝と、仏教式の死生観が植え込まれていく。

羽生の回り地蔵の習俗が永遠に続きますように...



下のバナー1日1回ふたつともクリックして、応援くださいまし≦(._.)≧ ペコ↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
スポンサーサイト

②都議会でのセクハラ野次について思うコト...その2

<関連記事>
「都議会でのセクハラ野次について思うコト」

いまだにマスコミがこの件でお祭り騒ぎをしているコトが信じられない。程度問題に話をすり替えるつもりはないけれど、国会の審議中に安倍総理が水を飲んだ時に「下痢するぞ!」と、まるで安倍総理の持病を揶揄するかのような野次が飛んだコトがある。人としてはこちらの野次の方が酷いと思うのだが、マスコミはまったく問題視しなかった。マスコミがお祭りを開催する基準はいったいどこにあるのか。

野次を飛ばした都議は加害者であって、女性都議が一方的に被害者であるのはわかる。わかるんだけれど...
釈然としないところがある。

釈然としない一点目は、マスコミがちやほやと女性都議をヒロイン扱いしているコトだ。
女性都議は今回のコトで何か都政に貢献したというワケではない。
演壇で泣いただけだ。

女性都議がファインプレーをしたのではなく、自民党の鈴木章浩都議が失策を犯したのだ。

女性都議は女性の晩婚化対策?(セクハラ野次ばかり強調されて、何について質問するつもりだったのかあまり報道されていないのもおかしい)を都知事に質すために質問していたらしい。新人議員であるからして質問する機会はそう何度もないだろう。泣いてる場合ではないのだ。本当に東京の女性を代表して、都民の負託を受けた都議会議員として質問をするのであれば、そこで毅然として 「黙りなさい!」 と切り返すべきなのだ。都民の負託を受けた都議であるならどうして闘う姿勢を見せないのだろう。
どうして議長は止めようとしなかったのか。女性都議が所属するみんなの党の男性都議らも野次を止めるように言わなかったのは何故なのか。

目の前で、新人の女性議員が泣いているわけでしょ?
どうして誰も怒らないワケ?

テレビもくだらないアンケートで犯人探しをしてないで、この点をもっと女性都議以外の都議に質すべきなのだ。

もう一点、この件をネタにしてスタジオの中でやんややんやと盛り上がって、わざとらしく怒ってみせ「自分はいい人でしょ」とアピールしてみせるコメンテーターらを見ていると、非常に不愉快になる。
平成26年6月23日の読売テレビ「ミヤネ屋」。宮根誠司キャスターとコメンテーターの春川正明讀賣テレビ放送報道局解説副委員長が、2時間の放送枠の内1時間ほどを、オレが聞いてる限りではほとんど同じようなやりとりでつないでしまった。
時おりしも都議会自民党幹事長が会見を開いて、ちょうど時間的にそれを生放送できたから、それをネタにしてスタジオで盛り上がれば確かに視聴率は稼げるのだろうが、視聴率を稼げればそれでいいのだろうか。
コメンテーターのデーブ・スペクター氏は、
「所属してる会派(自民党会派)の性質なんでしょう」
「仕事のできない都議が悪口を言ってるだけのレベルなんですよ」
という自分自身の悪意のあるコメントが、鈴木都議の野次と同じくらい低レベルであるコトに気付いていない様子。聞かされてる方の視聴者としては実に不愉快だ。
また、最後に宮根さんは一緒にMCを務める読売テレビ川田裕美アナ(←この子かわいいからオレは大好きなのだけれど)に対し、「このスタジオで唯一の女性として、川田さん、どう思います?」と台本通りにわざとらしく話をフルと、

「せっかく結婚適齢期なんていう言葉も無くなったっていうのにo(`ω´ )oプンプン」

いや、無くなってないし...

あれ、そう思ってるのオレだけ?
アラサー辺りで女性たちって焦りだすもんなんじゃないの?
そうでなくなったとしても、女性の体の事情としては20代半ばまでに出産するのが望ましいというコトに変わりはない。
日本の社会にはもっと寛容性があっていいだろうし、いろんな女性がいていい、結婚しない女性がいたっていい、それは当然のコトだ。だが、だからと言ってまるで「適齢期」を意識する女性がいなくなったかのように言うのは事実に反するだろうし、そうなってもらっては困る。

...続く




このブログの主ぬこ之助を応援したいと思う人は、、
下のバナーをふたつともポチるべし!ポチるべし!ポチるべしっ!!↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

「最後は金目でしょ」発言に思うコト

石原伸晃環境大臣が、中間貯蔵施設の地元との交渉について「最後は金目でしょ」と発言した問題。そのような発言は問題外だ。特に記者のいる前では...脇が甘い。

石原大臣が悪い確か。それを前提で言うのだけれど...

ただ、庇うところがあるとしたら、最後は金目の問題であるというのも、こういう問題のシビアな一面ではある。国は中間貯蔵施設を置くというコトを、国民に代わって、国民の代表として、どこかの地域に押しつけなければいけない。中間貯蔵施設が福島であるかどうかは別として必要であるコトに変わりはない。そして当然、その際にはその見返りに相応の交付金を積んで、自治体に飲んでもらわないといけない。
交付金なしで自分たちの生活の場にそういうものを置かせてあげることをOKする地方はまずない。子供ではないのだからそれくらいのコトは理解しなくてはいけない。

たとえば...オレの家の最寄り駅では再開発が進んでいるが、自治体は当然のコトながら地権者に対し補償をする。彼らの先祖代々の土地が削られてしまうのだから、当然のコトだ。自治体は住民を代表して彼らに補償金を支払うのだ。
この場合、その自治体が「金で人の心を買っている」と批判の対象になるコトはなかろう。

つまり交付金その他は、「誠意」を金額で表したものなのだ。
他人事ではなく、石原大臣の個人の問題でもなく、日本国民が全員で福島に中間貯蔵施設をお願いしようという話なのだ。それをマスコミが「人の心を金で買う」というような感情的情緒的なコトを言って問題を煽るのは簡単なんだけれど、環境大臣および環境省の実務として、金の問題は大事なのだ。

自治体と交付金についての交渉をやるコトがイコール「地域の住民の心を金で買うな!ヾ(。`Д´。)ノ」と批判の対象となるのであれば、行政が実施できる政策は大幅に狭められるだろう。

マスコミはこのコトを十分理解したうえで、でも、感情的に情緒的に「石原大臣は人でなしだ!」とでも言いたげに煽っている。失言として政権批判のひとつのネタとして使っているのだ。

気になるコトがいくつかある。

この石原大臣の「最後は金目でしょ」という音声はどうやって入手したのだろう。
テレビの取材に対してそのセリフを言ったのかと思ったのだが、それにしては映像は一切テレビメディアでは流されない。
音声が非常に不鮮明であるから、まともに録音したものとも思われない。
盗聴だろうか。
しかも、見事に問題となっている言葉の前後は編集でカットされている。
もしかしたら「金目でしょ」発言は、オフレコでの石原大臣と記者との会話の中で、出てきた言葉なのではないのだろうか。
オフレコの時に石原大臣がこういう発言をした、そしてマスコミがそれを寄ってたかって叩いているというのなら、ちょっと様相が変わってくる。

例えば、仮に石原大臣が中間貯蔵施設候補地の選定に手間取っていて、そのコトについて料亭等(?)の記者との懇談の場で愚痴をこぼした...そういうコトであるなら、マスコミが一方的にバッシングするのはどうなのか。言葉の前後がカットされているが、全体を通して聴いてみれば実は記者の方が言わせてる、というコトはないか。森元総理の「あの子は大事な時にいつもコケちゃうんですよね」発言と同じように、発言の趣旨をマスコミが歪めて伝えているのではないのか。
もしそうであれば、これってマスコミが自分自身の首を絞めることにはならないか。オフレコの際は政治家と記者が信頼関係を築いて、腹を割って話をするコトが双方にとって、特にマスコミにとって大事であるがそんなコトはできなくなる。
そのコトで悪影響が及ぶのは、我々国民の知る権利だ。

去年の参院選前の自民党のように、TBSの不手際で「TBSの取材には応対しない」と言い出したり、政治家が記者の前では一切しゃべらない、などと言い出したらどうするつもりだろう。

もう一つ不思議なコトがある。オレはTBSの番組で始めてこの報道に接したのだが、その後同じ音声がテレ朝でも使われていた。ある局が掴んできたネタを他局に横流しするなどというようなコトがあるのだろうか。
国民視聴者にはまったく関係ない話だが、マスコミ各社にとってスクープってすんげぇ自慢できるコトなんでしょ。

この問題ではTBSとテレ朝が手を組める、というコトなのだろうか。

挙句の果てに、民主党は石原大臣が去年の6月、沖縄で警官を引き連れてスキューバダイビングしていたコトをあげつらうあり様。まぁ、公費での出張中にスキューバダイビングしていたのだから石原大臣は言い訳できないけれど、それにしてもなぜ去年の夏の話が一年経った今頃になって出てくるのだろう。これではまるで民主党が自民党を攻めるネタに事欠いて、そういうくだらないコトで突っついているようにしか見えないのだが。

民主党は集団的自衛権や原発政策など、主要な国政の課題では党内の意見が割れている。だから安倍政権を攻めあぐねているのだろうけれど、揚げ足取りが仕事だとは野党第一党として情けない。

アベノミクスその他が「今のところ」ウマくいっていて、集団的自衛権についても安倍総理の思うまま閣議決定されそうだし、安倍政権の支持率もまったく下がらないとあって、マスコミも野党も焦っている、そんなように感じる。

追記)
上の記事で「TBSで聞いた音声がテレ朝でも放送されていた。ある局が掴んできたネタを他局に横流しするなどというようなコトがあるのだろうか。 」と書きましたが、その後テレビの報道で共同通信が入手したものであることを知りましたので、ここに訂正いたします。





このブログの主ぬこ之助を応援したいと思う人は、、
下のバナーをふたつともポチるべし!ポチるべし!ポチるべしっ!!↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

「霞が関文学」批判に思うコト

集団的自衛権について、自民党が公明党に「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆されるおそれ」がある時にその行使を容認するという案を公明党に提示している。反対派によると「『おそれ』という言葉があるために、拡大解釈につながる可能性がある」として、「霞が関文学の典型」だとやり玉に挙がっている。

多分、自分たちの主張通りの案であれば、それがどれほど「霞ヶ関的」であったとしても、マスコミは反対しないのであろうが。

集団的自衛権行使容認に限った話ではなく、法案に「○○等」書き込まれたらそれイコール「霞が関文学」と呼ばれるらしい。こういうふうに『等』『おそれ』が含まれると、どこまでも拡大解釈されていき、国が戦争をはじめかねないから危険なんだという。
でも、それらが「霞が関文学」として無条件に批判の対象となってしまう世の中の風潮には、違和感を感じる。一般企業で働いた経験の無い、世間知らずな評論家たちがそういう言説を振りまいた結果というふうにしか思えないのだ。

例えば軽犯罪法第一条の五では次のように定められている。

「公共の会堂、劇場、飲食店、ダンスホールその他公共の娯楽場において、入場者に対して、又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、飛行機その他公共の乗物の中で乗客に対して著しく粗野又は乱暴な言動で迷惑をかけた者(を拘留又は科料に処する。)」


同じく軽犯罪法第一条の二では、

「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者(を拘留又は科料に処する。)」

軽犯罪法では何度も、「その他」という霞ヶ関的言葉が使われている。また、その行為が「『著しく』粗野又は乱暴な言動」なのかどうかを決めるのは警察権力であって、その基準は非常にあいまいである。

何故か。

法律やその他のルールを作る時に、すべてのケースを事前に想定するコトは不可能だからだ。日本の安全保障上、極めて重大なコトが起きた時に、安全保障に関する法律がが想定していない事態が起きてはいけないのだ。

一般企業で働いている人で、社内規程を読んだコトのある人ならばわかるハズだ。社内規程でも『等』や『その他』、もしくは『おそれ』は多用されている。「霞が関文学」などという言葉自体が、日本の知識階級が生み出した幻想なのだ。

自衛隊の軍事行動に「どうやって歯止めをかけるのか」という議論は必要だ。だが、無条件に「それは霞が関発想だ」と言って否定してしまうのは間違いだろうと思う。

つい先日はテレ東で田勢康弘氏が、テレ朝で大谷昭宏氏がそれぞれ霞が関文学だと言って自民党の案を批判していたが、どうして「霞ヶ関文学」という時にいつも勝ち誇ったようなドヤ顔をするのだろう。田勢氏はテレ東の、大谷氏はテレ朝の人事部か総務部あたりに行って社内規程を読ませてもらえば、「霞が関文学」なるものがファンタジーであることが理解できるだろうに...




このブログの主ぬこ之助を応援したいと思う人は、、
下のバナーをふたつともポチるべし!ポチるべし!ポチるべしっ!!↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

アンネの日記破損事件の報道について思うコト

NHKのwebニュースによると、300冊もの「アンネの日記」が破損された事件で、検察は精神鑑定の結果、逮捕されていた男を不起訴処分としたそうだ。逮捕当初から男の顏や名前が完璧に伏せられて報道されていることから、各テレビメディアともに逮捕時から、男が精神鑑定に回され、こういう可能性が高いとみていたのだろう。
それにしてもかなり広い地域で、これだけ多くの「犯行」をひとりでやるコトができるのか、疑問も残る。当初から専門家は共犯者のいる可能性を指摘していたと思うが。

問題は、被疑者が逮捕される前にテレビに出演していたコメンテーターらの発言だ。あの「アンネの日記」が破損されたというコトで、

安易に、最近見られる極々一部の日本の排斥主義者やヘイトスピーチに結びつけ、また安倍政権の誕生で国が右傾化しているコトが原因だ、などと分析してみせた。

男が逮捕された後、警察が「思想的な背景はない」と発表すると、彼らはだんまりを決め込んだ。これが日本の知識階級の実態だ。言葉を生業にしているクセに、自分の言葉に責任を持とうとしないのだ。

排斥主義者やヘイトスピーチをする連中を庇うつもりは毛頭ない。けれど、「アンネの日記」を破る行為→排斥主義者だ、という安易な発想で、影響力の大きいテレビで発言するのは言論人としてあまりにも無責任だろうし、間違いがわかった後にだんまりを決め込むというのはさらに無責任だ。




このブログの主ぬこ之助を応援したいと思う人は、、
下のバナーをふたつともポチるべし!ポチるべし!ポチるべしっ!!↓

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
★人気ブログランキング★
<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします((○┓ペコリィ>
闘病記ランキングへ
プロフィール

Author:ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡
ぬこ之助@紳士的な尾ちんつも♡です。ども(*´▽`)ノノ
透析患者にしてうつ病患者であるアラフィフ独身男ぬこ之助の毒舌日記。ほとんど愚痴か弱音ばかりかも知れません。苦手な方はスルーして下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR